Welcome Guest 
ページメニュー
情報メニュー
トップ  >  心と体のこと  >  (2)子どもの心の相談窓口

●子どものストレス反応を受けとめてあげてください。

災害を経験した子どもたちの多くは、心と身体にストレス反応が見られます。
しかし、身体や心の変化は、正常な反応です。周囲の大人たちが落ち着いて受けとめてあげてください。ほとんどの場合、時間とともに回復します。

★子どもに現れやすいストレス反応★
● 赤ちゃんがえりをする
● 甘えが強くなる
● わがままを言う/ぐずを言う
● 災害体験を遊びとして繰り返す
● 反抗的になったり、乱暴になったりする

★子どもと接する時のポイント!★
● 一緒にいる時間を増やしましょう
● 子どもが話をすることは、否定せずに聞いてあげましょう
● ただし、話したくないときは無理に聞き出さないようにしましょう
● 家族の方は、抱きしめるなどのスキンシップを増やしましょう
● 災害体験を遊びとして繰り返すことは、本人が落ち着いていくプロセスです。無理にとめないようにしましょう

■お問い合わせ先 被災した子どもたちの心の悩みや不安についてご相談ください。 たとえば、人間関係や将来への不安、進学や震災孤児についてなど、子どもたちを受け止める相談窓口を設けています。 <チャイルドライン>研修を受けたボランティアが対応します。
0120−99−7777 (月〜土 16:00〜21:00) ※無料
※18歳までの子ども専用電話

☆★☆チャイルドラインは4つの約束をまもるよ。安心して電話してね。☆★☆
1. ヒミツはまもるよ
2. 名まえは言わなくてもいい
3. どんなことでも、いっしょに考える
4. イヤになったら、切っていい

<児童相談所> 全国共通ダイヤル
0570−064−000 もしくは最寄りの児童相談所へ
<子どもの人権110番 (法務局・地方法務局)>
0120−007−110 ※無料
※子どもの人権問題に関する専用相談電話です。
プリンタ用画面
投票数:25 平均点:5.20
前
(1)心と体の相談窓口
カテゴリートップ
心と体のこと
次
(3)震災・心のケアサイト一覧

検索
Twitter
スタッフ用
XOOPS Cube PROJECT
Copyright 愛知県被災者支援センター All rights reserved. - 情報・画像等を、権利者の許可なく複製、転用など二次利用を固く禁じます -