母子・父子避難されている方へ

※ 以下の無料措置は、当面、平成27年 3月31日(火)まで継続されることになりました。(平成26年 3月10日)
http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000401.html

原発事故による母子避難者等を対象とする高速道路の無料措置が、平成25年4月26日(金)から平成26年3月31日(月)まで実施されます。

対象者:原発事故発生時に福島県浜通り・中通り(原発事故による警戒区域等(※1)を除く)又は宮城県丸森町(以下「対象地域」という。)に居住しており、原発事故により避難して(※2)二重生活を強いられている母子避難者等(妊婦を含む。)(※3)、4及び対象地域内に残る父親等(妊婦の夫を含む。)

(※1)警戒区域、計画的避難区域、帰還困難区域、居住制限区域及び避難指示解除準備区域に指定されている地域並びに緊急時避難準備区域に指定されていた地域(実施期間中に警戒区域及び計画的避難区域の見直しが行われた場合においても、当面、対象となる避難者の範囲は変更しません。)及び特定避難勧奨地点の設定を受けた地点
(※2)同一市町村内に避難している場合は対象となりません。
(※3)子ども:満18歳に達してから最初の3月31日を過ぎるまでの者
(※4)母が対象地域内の居住地に残り父子が避難する場合や、父母が対象地域内の居住地に残り子が避難する場合も対象となります。

詳細は、以下の国土交通省のホームページの内容をご確認下さい。

原発事故による母子避難者等に対する高速道路の無料措置について―国土交通省
http://www.mlit.go.jp/road/press/20130412_a/jisshiyoryo_20130412.html